【白州ハイボール缶】概要から実飲レビューまで徹底解説

お酒の紹介
この記事は約9分で読めます。

白州ハイボール缶の概要

プレミアムハイボール白州(以下、白州ハイボール缶)は、サントリーが提供するハイボール(ウイスキーのソーダ割り)です。

その特徴と風味を紹介します。

特徴

  • 贅沢なウイスキー
    白州ハイボール缶は、サントリーが誇るシングルモルトウイスキー「白州」を使用しています。
    白州は、世界的に有名なジャパニーズウイスキーで、入手困難な銘柄です。
  • 洗練された味わい
    芳醇な香りと滑らかな味わいが特徴で、ハイボールにすることでその魅力が引き立てられています。

風味

  • 香り
    白州ハイボール缶は、フルーティで軽やかな香りが特徴です。
    洋梨や青リンゴのような香りを感じることができます。
  • 味わい
    ハイボールにすることで、白州の穏やかなフレーバーが際立っています。
    華やかかつ蜂蜜のような甘さが広がり、バランスのとれた味わいを楽しめます。
  • 余韻
    飲み干した後に残る余韻は、白州の風味をしっかり感じることができます。
    フルーティさとスパイシーさが調和して、爽やかで心地よい余韻が続きます。

白州ハイボール缶の栄養成分

100mlあたりの栄養成分
エネルギー51kcal
たんぱく質0g
脂質0g
糖質0g
食物繊維0g
ナトリウム(食塩相当量)0g
プリン体0.5mg未満

100mlあたりのカロリー:51kcal
1杯あたりのカロリー:179kcal
※カロリー指標の説明はこちら

平均カロリー(目安)

<ハイボール>
100mlあたりのカロリー:約45kcal
1杯あたりのカロリー:約160kcal

白州ハイボール缶のカロリーは上記の通りです。 

栄養成分からわかるようにたんぱく質・脂質・糖質はいずれも0gで、カロリーはアルコールから来ています。
白州ハイボール缶のアルコール度数は9%とやや高めのため、カロリーも高くなっています。

アルコール由来のカロリーは「エンプティ・カロリー」と呼ばれ、優先的に消費されるので脂肪としてほとんど蓄積されません。

ただし、注意が必要です。

優先的に消費されるだけでカロリーであることに変わりありません。
アルコール由来のカロリーが優先的に消費される分、食事やおつまみのカロリー消費が後回しにされて身体に蓄積されやすくなります。

ハイボールが他のアルコール飲料よりもカロリーが低くてダイエット向きですが、合わせて食べる料理やおつまみにもしっかり意識を配りましょう。

実飲レビュー

缶フタを開けて香りを嗅ぐと、フルーティで爽やかな香りを感じました。

きよどら
きよどら

この爽やかでほのかに甘い香りが、クチコミでよく見る「青リンゴのような香り」と呼ばれるものでしょうか?

ウイスキーで飲んだ時には感じませんでしたが、ハイボールで飲むと確かに青リンゴのようなフルーティな香りを感じます。

それでは白州ハイボール缶を実飲!
ちょうど白州のグラスもあったので活用!

私の第一印象は「意外とフルーティ感が弱いかも?」でした。

確かにフルーティ感はあるのですが、開栓直後に嗅いだ香りと口に広がる香りとに少しギャップを感じました。

口に含むと少し甘味と苦味を感じた後、スッと消えて、後味には心地よいスモーク香と微かにフルーティな香りを感じました。

余韻はさっぱりしていて飲みやすいです。
余韻がさっぱりしているのに、口を閉じればまた爽やかな香りが広がるのは個人的に高評価でした。

私は、白州はウイスキーよりハイボールの方が好きですが、自ら炭酸水で割るとなかなか思い通りの味になってくれなくて困っていました。
この白州ハイボール缶は私の悩みを解決してくれる最高の1杯でした。

後味がスッキリしているので、どんな料理にも合いそうです。
数量限定販売(2023年8月時点)であるのが残念ですが、もし一般販売してくれたらリピ確定です!

ちなみに、数量限定だったので急いで数本購入しました(笑)

タイトルとURLをコピーしました