【金麦】概要から実飲レビューまで徹底解説

お酒の紹介
この記事は約8分で読めます。

金麦の概要

金麦は、サントリーが販売する第三のビールで、上質な麦のうまみと澄んだ後味が特徴です。

金麦は1年に4回、手間をかけて味を整えています。

春はかろやかに
夏は爽やかに
秋はまろやかに
冬は豊かに

そのコンセプトで作られた金麦は、旬の食材にあった四季折々の味わいを生み出します。

ビールではなく第3のビール

金麦は正確にはビールではなく第3のビール(発泡酒②)に該当します。

分類条件のわかりやすい解説はこちら

金麦の栄養成分

金麦は季節ごとに味を整えて発売しています。今回は2023年秋の金麦を試飲したのでその時の情報です。

100mlあたりの栄養成分
エネルギー43kcal
たんぱく質0.1〜0.3g
脂質0g
糖質3.2g
食物繊維0〜0.1g
ナトリウム(食塩相当量)0〜0.02g

100mlあたりのカロリー:43kcal
1杯あたりのカロリー:150.5kcal
※カロリー指標の説明はこちら

平均カロリー(目安)

<ビール>
100mlあたりのカロリー:約40kcal
1杯あたりのカロリー:約140kcal

金麦の糖質は3.2gであり、王道ビールであるサッポロ黒ラベル(糖質2.9g)やアサヒスーパードライ(糖質3.0g)と比べてやや高いため、カロリーも平均的なビールより僅かに高くなっています。

とはいえ、飛び抜けて糖質が多いわけでもなく、太りやすさという意味では王道ビールと大差ありません。

実飲レビュー

私が飲んだのは秋の金麦。

まずはジョッキに注いで香りを嗅いでみました!

が、、正直言って香りは殆ど感じませんでした。微かに麦の香りがするかも程度です。

口に含むと微かに、本当に微かに苦味を感じますが、全体的には味が薄い印象を受けました。

かなりスッキリしているので、ビールに不慣れな人も含めて万人受けするし、どんな食材にも合う飲みやすいビールだと思います。

きよどら
きよどら

ただ、私個人としては味が薄すぎて物足りないかな?というのが正直な感想です。

同じサントリーの金麦〈ザ・ラガー〉の方が私的には好みかな。

他の人のレビュー

まずは肯定的なレビューです。

評価5/5
久しぶりに飲みましたが、発泡酒の中ではトップクラスに美味しいと感じました。
他の発泡酒はどこか不自然な味を感じることが多いのですが、金麦はそれが少なく、ビールとのギャップが小さいように思います。
何か突き抜けたものがある訳でもないですが、完成度としてはかなり高いです。これからも好んで選ぶと思います。

価格.com

評価4/5
全体的な印象としてはすっきりしてまろやかな味わいがする。どんな料理にもあうし、あまりビールビールしていないのもいいのかもしれない。
コクや切れを重視する人にはあまり向いていない気がするが、よく言えばオールラウンダーともいえるので間違いはないだろう。リピートはあり。

価格.com

評価5/5
ビールと変わらないんじゃないんでしょうか
普通に一番搾り等と比べても苦味の面で劣るものの、目を閉じて味わうなどをしなければほぼビールですね。むしろ、夏ならしつこくなくていいのかも。
このクオリティでプレミアムビールの約半額の100円くらいですからこっちにします。
節約した分旨いつまみでも食べた方がいいと思いませんか?

価格.com

次に否定的なレビューです。

評価2/5
とりわけウマイわけでもなく、酔えるわけでもない。無駄に腹にたまる感じが嫌です。ノンアルコールビールに近い印象。

価格.com

評価2/5
まぁこの金麦に限ったことではないですが、この第3のビールのジャンルに属するビールはどれもこれも味が薄いです。コクがないです。
安いから文句を言うなと言われるかもしれませんが、安かろう悪かろうではないでしょうかね。発泡酒は、価格を考えると納得できる範囲なのですが・・・

価格.com

評価1/5
味が薄くて水っぽいです。全然美味しくない。
ビール的な風味もないし、苦味も旨味もない。何の印象も残らない飲み物です。ビールの風味と苦味が好みの人には物足りないのでは。

価格.com

価格が安いことやすっきりした味わいを高く評価する人がいる一方で、味が薄くて嫌いという人も多いようです。

私も味が少し薄いなと感じた側です。
ビールとしての風味や味を楽しみたい人というより、グビグビ爽快に飲みたい人向けのビールといえます。

タイトルとURLをコピーしました